資金調達コンサルティング

FINANCING

  • HOME
  • 資金調達コンサルティング

資金調達の円滑化支援

会社経営にあたり、節税と同じくらいに重要なのが、資金調達、資金繰り、キャッシュフロー改善化です。
節税は、会社の利益を抑え、税金によるCash流出を抑えることで社内留保の増加、充実を目指していくことが目的となります。
一方で、資金調達は会社の利益の額、営業利益率を基に、会社の‟事業の強さ”を金融機関が評価し、融資が可能かどうかを決定します。金融機関としても、御社の事業パートナーとなり成長をサポート、実現することが出来るかどうかを良く見ています。
すなわち、節税と資金調達は目的は同じでも利益に対する考え方が相反するため、両者のバランスを取ること、その上で効果の最大化を図る必要があります。
その手法の代表的なものが、映える決算書(試算表)の作成、資金繰り、キャッシュフロー改善化となります。
弊事務所では、銀行融資による資金調達や資金繰りに関する各種コンサルティングを提供いたします。
また、資金調達を目指すにあたり必須となる「決算書」、「事業計画書」や「資金繰り表」といった必要書類の作成支援、金融機関の重視するポイントを踏まえた上での良好な条件での融資取引を実現するためのアドバイス、第三者の専門的立場よりのパブリックコメント等、経営者様の資金調達を徹底的にサポートいたします。

‟映える”、‟闘える”、決算書、事業計画書作成のポイント

前述の通り、決算書(試算表)作成にあたり、Cashの社内留保を目的とする税金対策のみならず、会社の持続的成長、安全性を示す利益の額、すなわち‟事業の強さ”が透けて見える決算書を経営者様と共に作り上げていくことが重要です。
金融機関も良く見ている点であり、経営者様の強い意志を込めた「決算書」、「事業計画書」を提出し、しっかりと数字を根拠に会社、事業の説明をすることです。
弊事務所は、経営者様の意志を最大限にアウトプットした各種提出書類の作成をご支援いたします。

資金繰り、キャッシュフロー改善化コンサルティング

事業計画、事業運営の中でCashコントロール、Cashマネジメントをしっかりと行っていること、将来を見据えた計画が今の段階より十分に出来ていること、これを分かりやすく示すのが会社の「資金繰り表」です。
資金計画の策定から資金繰り表の作成まで、また、いつどのくらいの支出が将来にわたって見込まれるかを把握し、将来の資金予測を行います。
「資金繰り表」を基に適切な対策をとることで、会社にとって致命的な資金ショートという最悪の事態を回避することが可能です。また、その手法として債権流動化、固定資産のリースバック等のキャッシュフロー改善施策を提案いたします。
弊事務所は、資金繰り表作成から、将来のキャッシュフロー改善を踏まえた資金計画の策定までワンストップでご支援いたします。

「資金調達コンサルティング」の概要を、コンテンツ内に記事化しております。

資金調達の肝は、現在の可視化、将来の見積もり、合理的施策の実行です。バケツの水に例えると、水の入りと出を理解、明示し、会社経営に当たって必要な真水の量を常にコントロールすることです。


インフィニティ公認会計士・税理士事務所 東京事務所(Infinity C.P.A./TAX Office Tokyo)
認定経営革新等支援機関(認定支援機関)
151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-16-16 千駄ヶ谷フラワーマンション601
En : 5-16-16-601, Sendagaya, Shibuya-ku, Tokyo, 151-0051, Japan